美しく生きる日本女性のための情報サイト


今月の花

きもの豆知識

 

きものを美しく着こなすためにきものTPOについて


トップページ > きもの豆知識

 西村兄妹が案内する「今どき京都」

美しく着こなすために きものTPO

@ フォーマル(正礼装)
 
礼儀とは、冠婚葬祭などの社会的な行事・儀式に出席するための装いで、 昔からひき継がれたしきたりを第一としています 結婚式や公式のパーティーなどの慶事、葬儀や法事などの弔事に大別されますが、 慶事では花嫁衣裳・留袖・大振袖・弔事では喪服が用いられます。

▲留 袖▼
 慶事の際のミセスの礼装が留袖です。
結婚式、披露宴に列席する場合の仲人と新郎新郎の母親は、黒留袖が普通とされています。
知人の結婚式などに着る色留袖も、格式のある礼装用のきものです。
「江戸褄」、「江戸褄模様」とも呼ばれますが、裾模様、腰高模様、褄模様と柄の置き方があり、 松竹梅や鶴亀などの吉祥柄を配します。
紋の数は正式には五ツとされていますがT・P・Oに合わせて三ツ紋、一ツ紋も用いられます。

●帯合わせと小もの
留袖に締める帯は丸帯というのが昔からの決まりごとでしたが、近頃では袋帯を締めることが多くなりました。
丸帯、袋帯とも、金銀などを織り込んだ格調の高いものでなければなりません。
帯締めも白地に金銀の入った格調高いものを選びましょう。
帯揚げは縮緬か紋綸子の白無地、草覆、バックは綴れや佐賀錦等を用います。
普通下襲は長着と同じに仕立てて二枚重ねに着るものですが、近頃では比翼仕立てといって 袖、衿元、腰から下にだけと、簡略化されたものが用いられています。

▲大振袖▼
ミセスの留袖と同様に、ミスの正礼装が大振袖です。
現在では花嫁が大振袖を着ますが、格式を重んじる正式の場へは、大振袖がふさわしいでしょう。
帯は金や銀を使った丸帯や袋帯を華やかに締めます。最近は紋を略したものが多いようですが、正式には五ツ紋です。

▲喪 服▼
喪の装いは染五ツ紋付の黒地のきものに黒の共帯、帯揚げ帯締め、草履バックと、小ものにいたるまで黒一色を用います。
喪服にはミス、ミセスの区別はありませんし、一生のうちそう何度も着る機会があるものではないので、 できるだけ質のよい生地を選ん出作り、長くていねいに用いましょう。

A セミフォーマル(略礼装)

略礼装とは正礼装に準じる装いで、披露宴やパーティーお茶会などに出席する時のものです。正礼装ほど格式にはこだわりませんが、それなりの品格を備えた、用途の広いものです。

▲中振袖▼
中振袖は、ミスの礼装として最も一般的な装いです。花嫁はほとんどが大振袖を着ますので、招かれた人は袖丈がやや短く、模様づけも少々控えめな中振袖を着るのが礼儀です。披露宴のほか、成人式や卒業式,パーティーなどではひときわ華やかな印象を与えてくれる装いといえるでしょう。洋服的なモダンな感覚も活かせますので、各自のセンスで装ってください。

▲訪問着▼
訪問着は、留袖、振袖以外のきもので、柄が絵羽づけされたものです。社交着ともいえ、華やいだ雰囲気に似合います。模様づけによって着て行かれる場が異なりますが、高価なきものなので、長く着られるよう伝統のある柄ゆきのものを選びましょう。帯は袋帯や格の高い名古屋帯(織りの帯で、)金糸、銀糸を使ったものなど)を締めます。

▲色無地▼
無地のきものは訪問着の次に着る、最も略した礼装となり、ぜひ用意しておきたいものです。紋は染抜の三ツ紋、一ツ紋、縫い紋の一ツ紋があり、文なしの場合は礼装にはなりません。袋帯を合わせれば、披露宴やパーティー、お茶会に、名古屋帯を合わせれば少々改まった訪問に向く装いになります。又、黒の共帯を合わせれば、弔事の略礼装として法事やお通夜の席に着ることができますが、地色と地紋に注意しなければいけません。

▲つけ下げ▼
つけ下げの着られる範囲は模様によって変わってくるので一概にはいえません。模様を全体に染めた格調のある柄ゆきのものならば、披露宴やお茶会に、小紋調のものは街着や観劇などに利用します。若い方の礼装用として用意しておくとなにかと便利でしょう。帯は袋帯か綴帯、または九寸名古屋帯と合わせます。伊達衿をつけると華やかになり,きものの柄から一色をとれば上品に、反対色を合わせればモダンな感じの装いになります。

B カジュアル

ちょっとした訪問やお稽古ごと、観劇やショッピングなどの気楽な外出に向く装いです。

▲小 紋▼
若い方から年配の方まで、幅広く楽しめる一般的なきもので、材質は絹、ウール、化繊。模様では型染のほか刺しゅうや手下記も含めて小紋と呼ばれています。現在小紋は色彩敵な友禅に人気があるようです。帯は名古屋帯が一般的。八寸名古屋帯、九寸名古屋帯でも合い、袋帯で文庫や千鳥などを結ぶと、パーティーでもひけをとりません。趣味の集まり、観劇などにも広く利用できます。

▲江戸小紋▼
一般的には紋なしで外出着として利用しますが、一色染の単彩が生命ともいえるもの。帯や小物はあまりきらびやかなものは避けます。色数を少なくまとめ、全体に粋な雰囲気が漂うように着こなします。小紋は江戸だけでなく、京都、金沢など他の地でも染められましたが、特に江戸で盛んに染められたところからこの名前がついたと言われます。

▲着尺つけ下げ▼
略礼装として用いるつけ下げとは別に、総柄でその模様がすべて肩山、袖山に向かって上を向いているもののことをいいます。外出着としてはしゃれているきものです。

▲ 紬 ▼
  紬は古くから各地で織られていたもので、その種類も豊富にあり、土地の名がつけられています。おしゃれ着として適しており、その素朴な趣きが喜ばれて何代にもひき継がれています。丈夫で、古くなる程風合いも加わり、広く愛されている、といえるでしょう。代表的なものとしては、結城紬、大島、塩沢紬などで、柄にも豊富にあります。

▲ウール▼
  ウールのきものは、単仕立て、ミシン縫い、ドライクリーニングで丸洗いができるなど現在生活に適しています。軽くて動きやすく、しわにもならないので、位置持っていると便利です。

▲ゆかた▼
夏の祭りや夕涼み、湯上がりに着るゆかたは、手軽でなじみ深いものです。木綿の肌ざわりは夏の涼感をよびおこしてくれます。帯は半幅帯を文庫や蝶々に。素肌に下駄で装いましょう。